過払い金請求について

もしも貸金業者に五年以上の返済を継続していたならば、過払い金が発生している可能性が高くなります。この条件に該当しているようならば、毎月の請求書をチェックして、グレーゾーン金利だったのか否かを確認してみましょう。グレーゾーン金利であっても、1〜3年程度の返済期間であれば過払い金は発生しないことが多いですが、10年近くにわたってグレーゾーン金利の返済をしている人は、ほぼ間違いなく過払い金が発生していると考えて間違いないでしょう。

キャッシング

この発生した過払い金を取り戻す方法ですが、過払い金は個人でも請求することが可能です。とりあえずは、貸金業者に取引履歴の開示を請求してみましょう。貸金業者に「取引履歴開示依頼書」を郵送するのですが、大手の消費者金融などは専門窓口が設置されているケースもありますので、ホームページで開示請求の方法や請求先を調べてみましょう。悪質業者の場合は、「取引履歴がない」や「0円和解」を持ちかけてくることがあります。こんな時は、間違いなく過払い金が発生していますので、司法書士や弁護士といった専門家に任せたほうが無難かもしれません。費用は着手金と成功報酬がともに二万円程度で、あとは返還金の二割程度が謝礼として要求される程度ですので、金額の大小を考えて依頼するか否かを決めてください。

消費者金融の基礎


copyright©2005 多重債務でも借りれる all rights reserved.